潤滑ゼリーの使い方

ラブグッズの使用方法

セックスに対する悩みの一つとして多く挙げられるのが「性交痛」です。

実は、女性がセックスの際に濡れにくいというのは珍しいことではありません。

 

濡れにくくなると、挿入による摩擦によって痛みを感じてしまいます。

もちろんこれは男性側も同じで、女性が充分に濡れていないと摩擦で痛みを感じます。

その痛み、性交痛を緩和できるのが潤滑ゼリーです。

 

購入するのが恥ずかしいという理由で使ったことがない方もいると思います。

今回は、潤滑ゼリーの基本的な使い方について詳しく解説しています。

最後におすすめの商品をピックアップして紹介もしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

性交痛の原因とは

性交痛の主な原因は、濡れないことです。

濡れない原因は様々ですが、ストレスなどの影響といった誰にでも起こり得ることがほとんどです。

 

その中でも大きな原因の一つとして挙げられるのが、エストロゲンの低下です。

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、年齢と共に減少していきます。

そのため40代となり、女性ホルモンが減少する頃や閉経後を境として、濡れにくさを感じるのは別におかしなことではないのです。

 

性交中に痛みを感じた経験がある更年期の女性は、実に5割以上もいるそうです。

今は大丈夫という方でも、将来的にそうなってしまう可能性はあるということです。

潤滑ゼリーの基本的な使い方

潤滑ゼリーは「注入して使える注射器タイプ」と「塗って使う塗布タイプ」があります。

潤滑ゼリーの使い方・塗布タイプ

適量を手に取り、局部に塗って使用します。

基本的に塗るのは女性の局部ですが、男性がコンドームに塗ることでも使えます。

 

潤滑ゼリーは、洗い流す必要のないものがほとんどです。

また、水溶性なので洗い流すのも簡単です。

潤滑ゼリーの使い方・注射器タイプ

事前に膣内へ注入して使います。

手を汚さずに使えること、パートナーに知られずに使えるのもメリットですね。

おすすめの潤滑ゼリー

性交痛対策に有効な潤滑ゼリーですが、購入するのをためらってしまう方も多いでしょう。

潤滑ゼリーはドラッグストアなどの店頭でも販売されていますが、Amazonなどのネット通販サイトでも販売されています。

肌に優しいものばかりですが、化粧品でかぶれたことがある方は事前にパッチテストをすると良いでしょう。

リューブゼリー 55g

ローション リューブゼリーデリケートイン 6g×4本

まとめ

実は多くの女性が悩んでいると言われる性交痛。

そして、その悩みを解消してくれるのが潤滑ゼリーです。

 

潤滑ゼリーを使うことは決して恥ずかしいことではありません。

性交痛は誰にでも起こり得ることです。

潤滑ゼリーを使うことで、お互いがポジティブな気持ちで向き合えるセックスを目指しましょう。

 

ときにはパートナーと勇気をもって話し合い、協力を得てもらうことも大切かもしれません。

満足いくセックスができずに離れてしまうのは悲しいことですから…